遺伝は関係ない

 

よくバストの大きい小さいは遺伝によるものだという意見を聞くことがあるかもしれませんが、胸が小さい親から胸が大きい娘が育つケースもありますし逆もあります。基本的に親から遺伝する部分は、太りやすい太りにくいといった体質であったり、ストレスを溜め込みやすい、溜め込みにくいなどの性格であったり、といった部分的な要素のみとされておりバストの大きい小さいに関しては遺伝は関係ないと言われています。

 

ただ、全く遺伝に関係ないかといえばそうとも言えず、遺伝する要素は胸を構成している一部のみで、大体30〜40%程度と言われています。そのため、ほとんど遺伝による影響を受けることがなく、それ以上に生活習慣が関係していると言われています。

睡眠

それでは、どのような生活習慣が関係しているのでしょうか。まず一つ目の生活習慣は睡眠をしっかり取っているということです。女性のバストの大きさは、乳腺と、乳腺を守る皮下脂肪の量によって決まります。バストが大きな人は乳腺が太く大きいです。乳腺を大きくすれば脂肪の量も増えます。

 

脂肪の量が増えれば、胸も大きくなる仕組みになっています。

 

では、この乳腺はどうすれば太くなるのかというと女性ホルモンによって成長します。女性ホルモンは睡眠中に分泌されますが特に夜中の10時から2時が1番分泌量が多いと言われておりこの時間に睡眠をしっかり取るということが大切です。実際に夜ふかしが多いと貧乳になりやすいと言われており睡眠が大切だと言えます。

 

食事

次にバストが大きな人に関係がある生活習慣としては食事をしっかりとっているということが言えます。バストが成長するためには栄養が必要になります。そのため、正しい食生活を心がけることでバストの成長に必要な栄養分をたっぷりと摂ることができます。

 

また食事をしっかりとることとは別にバストが大きな人は特に乳製品、大豆製品、レタス、キャベツなどの食材をバストが小さい人よりも多くとっているということがわかっています。

 

また大豆などに含まれるイソフラボンは女性ホルモンの分泌を助けるといわれているため、イソフラボンを積極的にとることと、バランスの良い食生活をすることがバストを大きく成長させるためには必要なことだといえます。
また、エストロゲンに似た作用をもつプエラリアなどを原料としたバストアップサプリを活用すれば効率的に胸を大きくするのに役立てることができますよ!
詳細はこちら→http://www.link-lineup.com/

 

運動

次にバストが大きな人に共通していることは適度な運動をしているということです。運動をすると脂肪が落ちてバストがかえって小さくなるのではないかと思う方も多いと思います。もちろん、激しい運動をすることによって体脂肪率が低くなると女性ホルモンの分泌が止まるケースもあります。

 

ですが適度な運動をすることはむしろバストが大きくなるためには必要なことだといえます。といいますのも、適度に体を動かすと体に流れている血の流れが良くなります。つまり、新鮮な栄養が体の隅々まで満遍なく行き渡ると言えます。

 

特に肩こりの方には効果的で日ごろ滞りがちな血流を良くすることはバストが成長するための栄養を運んでくれますので効果的であると言えます。

生活習慣が影響する

このように、実は胸が大きいか小さいかは親から引き継がれた胸に関する情報はあまり関係ありません。

 

それよりも、その人が成長する過程で歩んできた生活習慣が密接に関係していると言えます。

 

また、胸が成長するのは成長期の18歳までだと言う調査結果もあります。

 

そのため、この時期は夜ふかしをしがちですし、体重が気になりだす時期でもありますので中にはダイエットをする人もいると思いますが、成長期であるこの時期だからこそ、あえてしっかりと寝てしっかりと食事をして、適度に体を動かすという生活をすることが大切です。

 

ただ、この時期を過ぎても全く成長しないと言うわけではありませんし健康のためにもメリットがありますので、早寝早起きと食生活を見直してみるといいと言えます。