会話が楽しい人には共通の思考パターンがある

 

会話が楽しいことはモテるための必須条件の1つですが、具体的にどうすれば良いのかは意外に知られていません。

 

話している相手を楽しませられる思考法は、相手を退屈させないことがポイントです。

 

たとえば、一緒にデートしている時であれば、相手が興味がありそうな話題を考え、試しに振ってみて、その反応によってより深く掘り下げていくのかどうかを柔軟に判断できると、高い評価を得られます。

 

相手があまり興味なさそうな話をいつまでも続けるのは、その分だけ我慢をさせてしまうことであり、表面上はきちんと応対していてくれても、長期的には不機嫌になってしまうなどの悪い方向へ進んでしまうので気をつけましょう。

 

相手の立場になって考えてみるのが、会話をしていて楽しい人に求められる要素であり、そのために事前に相手の趣味についての調査や、あるいは、その趣味に関連したイベントに誘ってみるといったアクションも効果的です。

 

相手が楽しいと感じるシチュエーションを用意するのもテクニックの1つで、その状況においては相手を喜ばせる会話が簡単にできます。

 

気晴らしのジョークは、テレビ番組で芸人が行っているコントの掛け合いなどが参考になります。

 

できるだけ切り替えを早くするのが思考法としての重要な点で、常に変わり続ける周囲の様子や、どのような人間がいるのかをよく観察して、それに沿った話題を提供することや、もしくは、現在話している相手の会話を盛り上げる形で入っていくのがベターです。

 

自分が話そうとしている話題に固執しすぎず、それでいて、他の人間の会話にも合わせられる柔軟性が大切になります。

 

逆に、自分が喋りたい時に一方的にまくしたてる会話では、相手の反応を待たずに進めてしまうため、相手不在になってしまう思考法です。

 

楽しい会話にはある程度のお約束があるので、即効性がある思考法の改善としては、まず典型的なパターンを丸暗記しておきましょう。

 

テストの問題で解答の流れが決まっているのと同様に、評価されやすい流れを真似することから始めて、そこからだんだんと自然に楽しい雰囲気を作れるように努力していけば大丈夫です。

 

周囲や話している相手を楽しませる思考法としては、効果的なタイミングで、注意をひける話題を提供できるかどうかにかかっています。