男性ホルモンが多い女性

男性ホルモンが多い女性はどんなになる?

男性ホルモンは普通ならその分泌量はコントロールされて一定の量に保つように体が働きます。その事で女性も筋肉を作ったりしているのです。しかし何かの原因によりホルモンの分泌量が多い人がいます。

 

男性ホルモンの分泌量が多い時に、女性の体の変化には複数の症状が出てきます。まずは、体の毛が濃くなります。次に肌が脂ぎってきます。また抜け毛が増えて薄毛になります。性欲も強化されたり、体臭が前よりも強く出るようになります。

 

このようにホルモンが増えてくると特徴として男性化してくる傾向にあります。

 

どうして男性ホルモンの量が増えるのか

ホルモンの量が増えてしまう原因には大きく4つあります。まずはストレスです。ホルモン分泌が多くなる原因にはストレスも関係しています。ストレスを感じた時に脳は危機感を出します。

 

そしてそれに対抗しようとホルモンをたくさん出すように指令するのです。ホルモンの量が増えている女性が多くなっているのは、女性が社会に活発に出始めた事も関係しています。

 

次に冷え性です。このような人は女性ホルモンを分泌している卵巣の働きが落ちる事から女性ホルモンの分泌が減ります。すると男性ホルモンの方が割合的に多くなる事から男性ホルモンの方が力を持つようになります。

 

それから生活習慣の乱れもホルモン分泌に影響します。生活習慣が崩れているとホルモンの分泌量が増していきます。生活リズムの乱れや運動をしていないなどいろいろな生活習慣が関係してきます。

 

最後に多?性卵巣症候群と呼ばれる病気もホルモン分泌を増やす原因に挙げられます。普通であれば卵巣では1か月に1つずつ卵胞と呼ばれている袋に包まれている卵細胞が成熟していき、排卵が起きます。

 

しかし、この病気にかかると1か月に1つではなくて卵巣にたくさんの卵胞ができます。卵胞からは男性ホルモンが分泌されるのですが、卵胞が増えるという事はそれだけホルモンの分泌量が増えると言えるのです。

 

 いろいろな原因によりホルモンは分泌しますが、変化の特徴としては女性が男性化していくと言えでしょう。見た目にも男性の様な女性は、ホルモンの分泌量が関係して、オス化している事も考えられるのです。